FC2ブログ
今回は、私のカメラ遍歴としてOLYMPUS PEN EEをご紹介します。

OLYMPUS PEN EE

私が物心ついた頃すでに家にあったカメラで、家族の思い出を写してきた大切なカメラです。

このカメラは、ずっと父が買った物かと思っていたのですが。
大人になってから叔父からの借り物だと判明・・・って事は40年以上借りっぱなしか(゜Д゜)

このカメラでは、今から見てもこれは不要だろうと思うショットを大量生産しました。
ハーフサイズですから36枚撮りフィルムなど入れようものなら、最低でも72枚は撮れるわけで、都合どうでも良い場面でもパチパチとやってしまうわけです。
母の撮影した箱根の大名行列などは、登場人物全部移したのではないかといった勢いですf^_^;

中学に入り写真部に入部した私が使い出した頃には、かなりくたびれた状態で何回か修理にも出しましたが、いつか力尽きてしまいました。
写真の楽しさを教えてくれた思い入れのあるカメラです。

長く使われていなかったこのカメラは、修理人になり、真っ先に修理しました。
過去に分解を試みた跡(私?)もあり、復活できるか心配でしたが何とか復活させました。
後日修理記事にも登場させる予定です。

OLYMPUS PEN EE(後期型)
発売:1962/4~
種別:ハーフサイズコンパクトカメラ
レンズ:D.Zuiko 28mm F3.5 (固定焦点 3.2m)
シャッター:レンズシャッター(1/30、1/250秒)
露出:セレン光電池、プログラム EE
フィルム感度対応:ASA10~200

PEN EEは1961年発売の初期型と後期型があります。
初期型は黒い貼り革、前面ロゴがOLYMPUSである、シャッタースピードが1/60秒固定であるなどの違いがあります。
スポンサーサイト

カメラ修理は横浜カメラサービス - yokohama-camera-service.com
大切なカメラといつまでも 横浜カメラサービスは 機械式カメラ修理専門店です。 
営業日カレンダーはこちら
2010.09.06 / Top↑