上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カメラ修理は横浜カメラサービス - yokohama-camera-service.com
大切なカメラといつまでも 横浜カメラサービスは 機械式カメラ修理専門店です。 
営業日カレンダーはこちら
--.--.-- / Top↑
カメラ修理 YASHICA ELECTRO 35CCの続きです。

シャッター不具合の原因究明を続けます。
MiyaImg20110514_Electro35CC_05.jpg
前回と同じ写真ですが。

今回のカメラですが、この状態でシャッターを切るとソレノイドはカチカチと動いていますので、原因は電子回路ではないようです。
シャッターを切って開放になり、閉じるタイミングでソレノイドは動作するがシャッターが閉じない。
試しに手で動作を介助してあげるとシャッターは閉じる事が分かりました。

シャッターを閉じるタイミングで、ソレノイドが解放されて蹴飛ばすレバーの動きが緩慢になっているため、動作がちぐはぐになっているようです。
MiyaImg20110514_Electro35CC_06.jpg

この部分を分解清掃し、最低限の給油を行ったところ、シャッターの問題は解決。


撮影レンズは曇りもなく、なかなかのコンディション、経年により表面に付いた油膜を除去する程度ですっきりした状態に。
MiyaImg20110514_Electro35CC_07.jpg

ファインダーは全体的に曇っていましたので、各レンズ、ハーフミラー共に清掃してこちらも視界すっきり。
ブライトフレームは固定式です。
MiyaImg20110514_Electro35CC_08.jpg

ファインダーの距離計を調整しますが、縦位置の調整は電池ボックスの蓋を開けて調整するようになっていました。
MiyaImg20110514_Electro35CC_09.jpg

オート露出ですが、そのままで規定範囲内に収まっていました。
撮影時は絞り優先オートですので、絞りの指標をおおよそ合わせてシャッターを切ります。
オートの守備範囲外の露出不足やオーバーの時には、シャッターを半押しした時にファインダー内に矢印が点灯して、どっちの方向に絞りダイヤルを回せば良いか示してくれます。(オーバー:赤い→矢印/アンダー:黄色い←矢印)
ランプが消えるまで回せばあとはオートの守備範囲内と言う事になります。
でもろうそく一本で撮影するためには・・・三脚は必須ですね。

整備が完了したYASHICA ELECTRO 35CC
MiyaImg20110514_Electro35CC_010.jpg

若干塗装が痛んでいるのが残念ですが、もう少し使い込むと逆に味が出てくるかも知れません。
MiyaImg20110514_Electro35CC_011.jpg

このカメラまだまだ使えますよ。

YASHICA ELECTRO 35 CC
発売:1970年12月(株式会社ヤシカ)
形式:35mm距離計連動式自動露出カメラ。
レンズ:COLOR-YASHINON DX 35mm F1.8
シャッター:COPAL電子シャッター#00
シャッター速度:B,LT8~1/250秒
オート:絞り優先式
電池:4LR44アルカリ電池 1個
発売価格:29,800円
スポンサーサイト

カメラ修理は横浜カメラサービス - yokohama-camera-service.com
大切なカメラといつまでも 横浜カメラサービスは 機械式カメラ修理専門店です。 
営業日カレンダーはこちら
2011.05.16 / Top↑
Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。