上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カメラ修理は横浜カメラサービス - yokohama-camera-service.com
大切なカメラといつまでも 横浜カメラサービスは 機械式カメラ修理専門店です。 
営業日カレンダーはこちら
--.--.-- / Top↑
千代田光学精工 minolta SR-1修理の続きです。
MiyaImg20110808_SR-1_09.jpg

前回で一通りの修理と整備を終え、納品前の最終チェックもまもなく終わりに近づいたときに事は起きました。

巻き上げ時に突然手応えがなくなったのです。

やーな気持ちで既に貼ってある貼り革を剥がし前板を外してシャッターユニットを取り出してみると、
見事?にシャッター後幕が真っ二つに・・・・ん~Exaktaに続いてこれもか

このシャッター幕には空気抜きと思われる穴が開いているのですが、あたかもそこが切り取り線であるかのように切れておりました。
MiyaImg20110808_SR-1_04.jpg
写真は元の幕位置を記録するためにテープで仮止めしてあります。

すぐに依頼人様に連絡し、シャッター幕を2枚とも張り替える事に。
貼り換えやすい3型だったのは不幸中の幸いでした。

各部の幕位置を記録します。
MiyaImg20110808_SR-1_05.jpg

シャッター幕には幾つか種類があるのですが、このカメラの物は両面絹引きのものでした。
幸い在庫がありましたので早速幕を張り替えて、シャッターを調整して試験のやり直しとなりました。

このカメラ、所々遮光が甘いところがありモルトで塞いであげる必要があります。
MiyaImg20110808_SR-1_07.jpg

う~ん2台整備したのと同じかも。




レンズ整備(AUTO ROKKOR-PF 1:1.8 f=55mm)

レンズは若干のカビと、絞りの粘りがあります。

MiyaImg20110808_SR-1_10.jpg
展開するとこんなかんじ

レンズと絞りのユニットは一かたまりです。
MiyaImg20110808_SR-1_11.jpg
後玉だけに若干カビが生えていましたので除去しました。

レンズを取り外し、絞りを洗浄しました。
MiyaImg20110808_SR-1_12.jpg

年式の割にはレンズの状態は良好でした。



修理が完了したSR-1
MiyaImg20110808_SR-1_06.jpg

後ろ姿、エレガントです。
MiyaImg20110808_SR-1_08.jpg

このカメラまだまだ使えますよ。

minolta SR-1(3型)

発売:1962年(千代田光学精工)
型式:フォーカルプレーンシャッター式一眼レフ
シャッター:布幕横走りフォーカルプレーンシャッター
シャッタースピード:B, 1~1/500
露出計:なし(SR-METER2搭載可能)

AUTO ROKKOR-PF 1:1.8 f=55mm
レンズ構成:5群6枚
最小絞り:F22
フィルター径:55mm

スポンサーサイト

カメラ修理は横浜カメラサービス - yokohama-camera-service.com
大切なカメラといつまでも 横浜カメラサービスは 機械式カメラ修理専門店です。 
営業日カレンダーはこちら
2011.08.10 / Top↑
Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。