FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カメラ修理は横浜カメラサービス - yokohama-camera-service.com
大切なカメラといつまでも 横浜カメラサービスは 機械式カメラ修理専門店です。 
営業日カレンダーはこちら
--.--.-- / Top↑
今回はRollei 35Sの修理をご紹介します。

_DSC1194.jpg
(写真は修理完了時の物です)

前回のOM-1と同時に整備を承りました。
奥様との大切な想い出のカメラなのだそうです。

外観は大変綺麗だったのですが開けてみると。
R0011355.jpg
写真は露出計用電池室の上なのですが、電池からでた腐食液(ガス?)の影響で配線が錆びています。
ここはニッケルメッキ線が裸でプラスチックの溝の中を這っていますのですぐに錆びてしまいます。

今回は錆の下にまだ金属が残っていましたので綺麗に錆だけ除去した後に露出計を調整しました。

もう一つRollei 35Sで良くあるのですが、巻き上げ軸の上下のグリスが固くなります。
R0011358.jpg
元の色はわかりませんが、緑がかったグリスはかなりの粘性になっています。
これ以上進むとロウのように固化してきます。
この軸の下側にも同じグリスが使われています。

初期点検時に1/500秒でシャッターが引っかかって開放状態になってしまう不具合がありましたが、これはシャッターのリンケージ金具の変形が原因でした。
沈胴時に起きる障害ですので沈胴は丁寧に操作する必要があります。

修理が完了したRollei35S
_DSC1196.jpg

このカメラまだまだ使えますよ。

Rollei 35S
発売:1974年~1980年
形式:目測距離合わせ式コンパクトカメラ
レンズ:ZEISS Sonnar40mm F2.8
シャッター:レンズシャッター B,1~1/500秒
露出計:CDS外光式、追伸式

スポンサーサイト

カメラ修理は横浜カメラサービス - yokohama-camera-service.com
大切なカメラといつまでも 横浜カメラサービスは 機械式カメラ修理専門店です。 
営業日カレンダーはこちら
2011.10.07 / Top↑
Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。