FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カメラ修理は横浜カメラサービス - yokohama-camera-service.com
大切なカメラといつまでも 横浜カメラサービスは 機械式カメラ修理専門店です。 
営業日カレンダーはこちら
--.--.-- / Top↑
今回はレオタックスカメラ(旧昭和光学精機)のLeotax(レオタックス) Eliteの修理をご紹介します。

バルナックと言えば旧型ライカの代名詞となっていますが、第二次大戦でドイツが負けて戦後賠償の一環としてバルナック型のライカに関わるライツ社の特許が無効となり、それを受け戦後各国でバルナックライカのコピー機が数多く生産されるようになりました。レオタックスもその一つで、日本の昭和光学精機が製造した物です。
発売当時レオタックスは東京光学(トプコン)のレンズを装着して販売されましたが、同じくライカコピー機を製造していたニッカ(後にヤシカに吸収)はニコンのレンズを装着していました。戦時中はニコンは海軍、東京光学は陸軍に納める光学メーカーでしたから、戦後のレオタックスとニッカの製品は比較される対象だった事が想像出来ます。
ライカはその後革新的進化を遂げたM3をリリースしたのですが、日本のカメラ業界はその模倣を諦め、一眼レフに軸足を移して独自の進化を遂げていきます。国内各社が一眼レフに軸足を移しつつある中、最後までバルナックコピーから抜け出せなかったレオタックスカメラは1959~1960年頃倒産してしまいました。

レオタックスは数あるライカコピー機の中では安心した作りをしており、私も何台か所有しています。

お預かりしたカメラはとても綺麗な個体で、今回は整備全般とファインダー部品のドナーカメラからの移植を承りました。
R0011552.jpg
本家バルナックライカよりちょっとだけ幅があります。
当初Leotax Meritかと思ったのですが、セルフタイマーがないのでEliteでした。

ちなみに同時期のレオタックスでシャッタースピードの最高速が1/1000秒まであり、セルフタイマーが付いているのがのがFV、同じく1/500秒までのがMerit、Meritからセルフタイマーを省いたのがEliteでレオタックスでは最終モデルとのこと。
R0011561.jpg
機種判別が難しいレオタックスの中で、この3機種は巻き上げがレバー式になっているので見分けが付きます。

シャッター管制部は見慣れたバルナックライカっぽい作りです。
R0011573.jpg
綺麗に清掃して最低限の注油を行います。
同時に各機構部も清掃注油グリスアップを行い、シャッターを調整してしまいます。

ファインダーユニット左の筒が特徴的。前後にレンズが嵌めこんであります。
R0011572.jpg

筒の部分を取り出し真ん中から分離して清掃
R0011592.jpg R0011593.jpg

レンズ曇ってます。
R0011594.jpg
ファインダーはドナー機のレンズ周囲のネジ山に不具合があったため、外枠はそのままにファインダー内部の部品をドナー機から移植しました。

組上げてフランジバックの確認後、距離計を調整して完成です。
_DSC1255.jpg
本当に状態の良いカメラでした。

このカメラまだまだ使えますよ。

Leotax Elite(TL2)

発売:レオタックスカメラ(昭和光学精機)(1959年)
形式:フォーカルプレーンシャッター式、距離計連動式カメラ
シャッター:横走り布幕フォーカルプレーンシャッター
シャッタースピード:B、1~1/500秒
発売時価格:不明

サービスショット
_DSC1257.jpg
このカメラの巻き上げレバーですが、バルナックの軍艦部に違和感のない流麗なデザインです。
スポンサーサイト

カメラ修理は横浜カメラサービス - yokohama-camera-service.com
大切なカメラといつまでも 横浜カメラサービスは 機械式カメラ修理専門店です。 
営業日カレンダーはこちら
2011.10.09 / Top↑
Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。