上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カメラ修理は横浜カメラサービス - yokohama-camera-service.com
大切なカメラといつまでも 横浜カメラサービスは 機械式カメラ修理専門店です。 
営業日カレンダーはこちら
--.--.-- / Top↑
今回はドイツコダックのRetina IIaの修理をご紹介します。

R0011791.jpg
なんともメカメカしていていい感じです。
ドイツのコダックはアメリカの資本ではありますが、源流はナーゲルというドイツの老舗カメラメーカーです。
戦時中もドイツ国内にあり高射砲の照準機を作っていた関係で工場が空襲のターゲットになったという話もあります。
Retina IIa名を冠したモデルは戦前型のType150と戦後型で巻上げがレバー式になったType016の二つがあります。お預かりしたカメラは戦後型のType016(1951~1954年製造)です。
レチナはこのモデルの後露出計内蔵のIII型に移行していきます。

今回は各部点検でお預かりしました。
状態を見てみますと、シャッターの粘り、ファインダーの汚れ、撮影レンズの曇りが見られます。
距離計像もかなり薄く見えますが、ファインダーのレンズを清掃する事で実用レベルになりそうな感じです。
ヘリコイドも硬さにむらがあります。
機械部分は全般的にグリスが硬くなり油切れも生じているようです。

レンズを外して、シャッターユニットを取り出します。
このレンズ脇のこぶのような部分は、フィルム巻き上げ時にシャッターをチャージするためのリンケージギアが入っています。
R0011808.jpg
シャッターユニットは分解整備しました・・・写真なしです。

ヘリコイドは抜いてグリスを入れ替えました。
R0011804.jpg

距離計部分です。
アルミの削りだし部品が使われていてしっかりした構造です。
R0011812T.jpg
この辺りがドイツを感じさせる部分です。
ファインダーは清掃で距離計の二重像もよく見えるようになりました。


修理完了です。
_DSC1292_CP.jpg
わかりやすい構造でしっかりした作りでした。

たたむとコンパクトになるレチナはデジカメが電源を切ると小さくなるのににてますね。
_DSC1287.jpg

このカメラまだまだ使えますよ。

Kodak Retina IIa (Type 016)
製造:ドイツコダック(1951-1954)
形式:35mm レンズシャッター距離計連動式カメラ
レンズ:Schneider Xenon 50mm F2
シャッター:KODAK SYNCHRO COMPER B,1~1/500秒
スポンサーサイト

カメラ修理は横浜カメラサービス - yokohama-camera-service.com
大切なカメラといつまでも 横浜カメラサービスは 機械式カメラ修理専門店です。 
営業日カレンダーはこちら
2011.11.25 / Top↑
Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。