上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カメラ修理は横浜カメラサービス - yokohama-camera-service.com
大切なカメラといつまでも 横浜カメラサービスは 機械式カメラ修理専門店です。 
営業日カレンダーはこちら
--.--.-- / Top↑
今回はオリンパスのOLYMPUS PEN-EES2の修理をご紹介します。

前回のPEN-D3と同時の修理を承りましたが、セレン光電池の不具合でこちらはちょっと遅れての納品となりました。
R0013372.jpg

1962年に発売されたPEN-EESは機構上はPEN-EEと同じですが、PEN-EEが固定焦点なのに対して前玉にヘリコイドを付けて目測で焦点調整を出来るようにしたものです。
R0013373.jpg
今回ご紹介するPEN-EES2はPEN-EESの後継として1968年に発売された物で、裏蓋が取り外し式からドア開閉式に変更、自動式フィルムカウンタ搭載、高感度フィルムへの対応、上蓋にホットシューの増設など使い勝手の向上が図られています。

早速分解しますが・・・いきなり緩みきったネジ発見。
R0013391.jpg

EEやEESはこのようにレンズとシャッターユニットが取り出せます。
R0013395.jpg
更に分解していきます。

これがシャッターユニット。
R0013402.jpg
真鍮の丸い部品は低速シャッタータイミング生成用の弾み車です。
このあたりも給油するのですが、やり過ぎるとシャッター羽根直結の構造上油が回ってシャッターが動かなくなります。
シャッターは2枚羽根です。ここまで分解したらシャッター羽根もしっかり清掃します。

絞りユニットです。
R0013403.jpg
EE機構と連動します。
フラッシュモード時は絞り環で設定しただけ絞りを開けます

今回はこのセレン光電池がからの出力が全くありません。
R0013392.jpg
配線の根元での断線が多いのですが、今回は光電池がNGでしたので良品と交換しました。

ファインダーも綺麗に清掃して修理&整備完了です。
R0013371.jpg
完成写真を取り忘れましたので、はじめに撮影した写真です。

このカメラまだまだ使えますよ。

OLYMPUS PEN-EES2

発売:1968年
型式:35mmハーフサイズ自動露出カメラ
シャッター:レンズシャッター 1/30, 1/250 (後期型は1/40,1/200)
露出制御:セレン光電池、針押さえ式プログラムオート
     低速固定、絞りマニュアル(フラッシュモード)
レンズ:30mm F2.8
発売時価格:12,800円
スポンサーサイト

カメラ修理は横浜カメラサービス - yokohama-camera-service.com
大切なカメラといつまでも 横浜カメラサービスは 機械式カメラ修理専門店です。 
営業日カレンダーはこちら
2012.08.25 / Top↑
Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。