上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カメラ修理は横浜カメラサービス - yokohama-camera-service.com
大切なカメラといつまでも 横浜カメラサービスは 機械式カメラ修理専門店です。 
営業日カレンダーはこちら
--.--.-- / Top↑
久々の修理記事です。
ここのところもっぱら営業日案内だけを出すという体たらくで、修理記事を求めてきた方には期待外れのブログとなってしまいました。
修理ネタは存分にあるのですが、時間が・・・

今回はだいぶ前に修理をしたCanon EFです。

1973年(昭和48年)発売。
_DSC1586.jpg
キャッチフレーズは -- 光を生けどる本格的AE一眼「太陽と影」Canon EF --

もう30年近く前の話ですが、親友が入手したのを見せてもらったのを思い出しました。
その頃私はPENTAX SVを使っていましたので、EFは最先端の技術で作られた未来的なカメラに見えました。
Canon EF修理前
このカメラはキャノンのFシリーズの中では異色の存在で、シャッターは半電子化された社外製のコパルスクエア(メタル、縦走り)が搭載されています。 またFシリーズの中では唯一オート露出を備えています。(シャッタースピード優先)

当時未来的に感じたCanon FEですが、技術的には過渡期の要素が多く含まれています。
一見電子化されたカメラに見えますが、シャッターが電気の力を借りて秒時管理をするのは1秒以上の超スローシャッターのみで、1/2秒から高速までの常用域は機械シャッター動作です。
露出計は受光素子に応答速度が速いSPCを使う新しい回路になっていますが、AE機構はオーソドックスな針押さえ式オート。
他にはファインダー内の表示や、外部のLEDが使われています。

何だかやりきっていない感じですが、当時ニコンのNikomatやコニカはメタル縦走りシャッターでしたし、旭光学のPENTAX ESは布幕横走りですが電子化を実現していましたので、キャノンからもこういったカメラを出さざるを得なかったのかもしれません。
いずれにせよキャノンなりに未来を先取りしたカメラであったことに違い有りません。

さて、今回お預かりしたカメラですが、シャッター不調、露出計表示不安定等が見られます。
電子部分の故障はお手上げなのですが、機械的な部分、接点整備などでベストを尽くします。

長年の汚れが蓄積しています。
Canon EF 巻き上げレバー
この巻き上げレバーと同軸のシャッターダイヤルはこの後のAシリーズに引き継がれました。

上カバーを取ると中は結構綺麗です。
R0013875.jpg
写真はプリズムの左側ですが、露出計スイッチにあまり見かけない物が使われています。

さくっと分解して各部を整備します。
R003908.jpg
順番に配線と部品を外して前板を取るとシャッターユニットがあらわになります。
シャッターユニットの左側上部にあるのがスローシャッター用のソレノイドです。
シャッターダイヤルとのリンクは紐で行っています。

左肩のフィルム感度設定ダイヤルの下は右肩のシャッタースピードダイヤルと糸で繋がっていて、フィルム感度、シャッタースピードの設定と相まってメーターの回転角を決定します。
R0013893.jpg

ミラーボックスの横には針押さえ式のAE機構が付いています。
R0013906.jpg

シャッタースピード優先オートの場合、シャッターボタンを押した後ミラーが跳ね上がる間に露出計の針を押さえて固定し、その針の位置に従って、レンズの絞りをしぼり込まなければなりません。
R0013897.jpg
大抵の一眼レフはミラーが上がるとシャッター幕が走り出しますので、ミラーボックスに簡単なガバナ機構を設けて、ミラーアップ時間を稼いでAE機構動作に余裕を持たせています。

この時代の電子カメラはスイッチ接点等の接触不良が不具合の原因である場合が多いようです。
各部の清掃、給油・グリスアップを行い、接点の清掃、低速ソレノイドの脱脂を行った結果全ての不具合の症状はなくなりました。

Aシリーズへの架け橋となったCanon EFですが、縦走りメタルシャッターはAシリーズでは採用されませんでした。
_DSC1578.jpg
格好いいですね。
青春時代に触れたカメラに再会すると無性に欲しくなります。

このカメラまだまだ使えますよ。

Canon EF
製造:キャノン
発売:1973年(昭和48年)11月
形式:35mmフォーカルプレーンシャッター式一眼レフレックスカメラ
マウント:FDマウント
シャッター:コパルスクエア金属幕縦走行フォーカルプレーン
      1/1000〜30秒、B、X(X接点の同調秒時は1/125秒)
(1/1000~1/2秒およびBは機械制御式、1~30秒を電子制御式)
ファインダー:ペンタ固定アイレベル式、倍率0.82倍、視野率=上下92%、左右93%
露出計: SPC素子使用、中央部重点平均測光
      TTL開放測光シャッタースピード優先式AE
      TTL絞り込み定点合致式マニュアル測光
      測光連動範囲はEV-2~18(ISO 100:F1.4)
      フィルム感度使用域はISO 12~3200
発売時価格:89,500円(FD50mm F1.4SSC付き)
スポンサーサイト

カメラ修理は横浜カメラサービス - yokohama-camera-service.com
大切なカメラといつまでも 横浜カメラサービスは 機械式カメラ修理専門店です。 
営業日カレンダーはこちら
2014.11.20 / Top↑
Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。