FC2ブログ
今回は私のカメラ遍歴第5弾として、ASAHI PENTAX SPをご紹介します。

PENTAX SP FRONT

ASAHI PENTAX SPは1964年発売で、小型で軽量なボディにTTL露出計を内蔵し手頃な価格と性能のよさから全世界的にヒットしたカメラです。
販売期間は実に10年にわたり、その販売台数も180万台という金字塔を打ち立てました。
SPの武勇伝は今までも数多くのサイトで紹介されていますから、私はこの辺にしておきましょう。

前々回に紹介したPENTAX SVが高校に入ってしばらくすると幕切れするようになり、露出計付きのカメラが欲しいと思っていたことも手伝って、中古でペンタックスSPを購入しました。
修理人になった今考えると、SVはその時点で修理に出せばかなり延命できたはずです。

※幕切れの話がでたところで(修理人として)
皆さん一眼レフが幕切れするようになった時に、絶対幕速調整ネジを巻いて直さないでください。(インターネット上にはこの直し方が多く書かれているようですが)
幕速が落ちて幕切れするのは、その原因が他にあるからで、単純に幕速の調整ネジを巻いてもそのときは症状は改善しますが、結果として機器の寿命を縮める事になります。
後でプロが修理したときにバネが伸びきって調整が付かなくなる可能性高く、修理代が高く付く結果を招きます。
おかしいなと思ったらすぐに修理のプロにご相談なさることをお勧めます。

話を元に戻して、
中古で購入したSPは、かつて横浜の上大岡にあった「カメラのきむら」の中古品コーナーに陳列してあったものでした。
使い込まれた Super-Takumar 35mm 1:3.5のレンズと共に入手したと記憶しています。
Super-Takumar 35mm 3.5

その頃の私は、高校の科学部で天文をやっていましたので、この時代の写真は天体写真が多いとおもったのですが、今ネガを掘り起こしてみると、観測後の記念スナップが多いような、天体写真あまり撮ってないですねー。
天候に恵まれなかったのかも知れません。(雨男なんだろうといった指摘は禁止f^_^;)

正直言いますと、この頃の私の写真の低迷期で、ろくな写真を残していないです。
修学旅行もコンパクトカメラで済ました体たらくぶり。
この頃から暫くは写真から浮気をしていた時期が長く続きます。

PENTAX SP FRONT2

ASAHI PENTAX SP
発売:1964年7月
種類:35mmフォーカルプレーン・シャッター 一眼レフカメラ
メーカー:旭光学工業
マウント:M42スクリューマウント
ファインダー:ペンタプリズム・固定式ファインダー
シャッタースピード:B,1~1/1000秒
露出計:CDS TTL絞り込み測光(平均測光)
販売価格:55mm1.8付き 42,000円 50mm1.4付き 51,000円

Super-Takumar 35mm F1:3.5
発売:1966年頃
構成:4群5枚
最小絞り:16
最短撮影距離:45cm
フィルター径:49mm
価格:不明

※Super-Takumar 35mm F3.5には3つのバージョンがあるそうです。
 ・極初期型(1962年)・・最小絞りがF22
 ・Type I (1964年)・・最小絞りがF16
  銘板が「Super-Takumar 1:3.5/35 Asahi Opt. Co., Lens made in Japan シリアル番号」
 ・Type II (1966年)・・最小絞りがF16
  銘板が「 Super-Takumar 1:3.5/35 シリアル番号 Asahi Opt. Co., Lens made in Japan」

 私のはType IIのようですね。

次回のカメラ遍歴はOLYMPUS OM-4をご紹介します。
スポンサーサイト

カメラ修理は横浜カメラサービス - yokohama-camera-service.com
大切なカメラといつまでも 横浜カメラサービスは 機械式カメラ修理専門店です。 
営業日カレンダーはこちら
2010.10.07 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://yokocamesvc.blog135.fc2.com/tb.php/25-0cfaf11d