FC2ブログ
コニカのコンパクトカメラの大ヒット作C35


今回ご紹介するC35は部品用にと以前に確保しておいた中の一台です。
C35は1968年じゃ~に~コニカとして発売されたプログラムEEの距離計連動式カメラです。
ご紹介する機体は初代のマイナーチェンジ後のものと思われます。

このカメラでご家族の笑顔を撮影した方も多いのではないでしょうか。
KONICA C35 BEFORE
フィルムを装填して、感度さえ設定しておけばあとはピントを合わせてシャッターを押すだけの簡単カメラです。
しかし、レンズはHEXANON 38mm F2.8で、映りは秀逸です。

外見は綺麗ですが、電池蓋を開けてみると底にあるはずのマイナス端子がありません。
KONICA C35 BEFORE電池室
代わりに切れた電線が見えてます。

電池なしで動作を見ると一応シャッターは切れてます。

この時代のコンパクトカメラは遮光をモルトに頼り切っています。
KONICA C35 腐食モルト
まずはその貼り替えです。
ちょっとした工作の時間、裏蓋に集中しているのでまだ良い方です。
KONICA C35 AFTER モルト
綺麗になりました。

次に電池端子の再形成と腐食配線の交換。
電池室からの配線は一方は露出計に、もう一方はレンズ上のCDSへと繋がっていますが、今回は両方とも腐食が見られるため交換しました。
KONICA C35 AFTER電池室
復活した電池室の端子。

シャッターはとりあえず綺麗なので、そのまま電源につなげてテスト開始。
露出計表示はほぼOKなのですが、シャッターエラーが頻繁に起きます。
あれ?と思い、バルブシャッターを確認すると、時々開きません。

続きは次回とします。
スポンサーサイト

カメラ修理は横浜カメラサービス - yokohama-camera-service.com
大切なカメラといつまでも 横浜カメラサービスは 機械式カメラ修理専門店です。 
営業日カレンダーはこちら
2010.10.23 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://yokocamesvc.blog135.fc2.com/tb.php/29-6312d37d