FC2ブログ
ミランダ AUTO SENSOREX EE 修理の2回目です。

満身創痍のAUTO SENSOREX EE、修理開始です。

巻き上げ不具合を調べるために、右肩を分解していきます。
MIRANDA AUTO SENSOREX EE 右肩 MIRANDA AUTO SENSOREX EE 右肩分解1

MIRANDA AUTO SENSOREX EE 右肩分解2
巻き上げレバーと同軸上に、フィルム感度設定、シャッターダイヤルがありますので、固定位置を細かく記録しながらの作業です。

人気のあるカメラって、メッキが厚いものが多いですね。

フィルムカウンターの下にシャッタースピード制御ガバナーがあります。
MIRANDA AUTO SENSOREX EE FILM COUNTER MIRANDA AUTO SENSOREX EE ガバナー

このカメラは、高速~低速まで一つのガバナーユニットでタイミングを作っています。
多くのカメラは高速タイミングはボディ側の偏心カム等で作り、低速タイミングはスローガバナーで作っているので、これはひと味違います。

ガバナーを取るとこのようにシャッター幕のギアが見えます。
MIRANDA AUTO SENSOREX EE シャッターギア1
巻き上げ引っかかりの原因は右側の銅でできたストッパー部品の軸ネジが緩んで、シャッターギアが引っかかっていた為でした。
また、シャッターが切れたり切れなかったり、巻き上げたとたんに切れたりした原因は、左上のプラスネジの下の、ミラーアップ連動金具が、関連する部品の電食による錆で動きが固くなっていたからでした。(銅のワッシャに、アルミのスリーブって・・)

しかし、まだ何かゴリゴリしています。
何回かシャッターを切っているとロックしてしまう事があり、ついには不動になってしまいました。

次回は不動になった原因を探るためにミラーボックスを降ろします。
スポンサーサイト




カメラ修理は横浜カメラサービス - yokohama-camera-service.com
大切なカメラといつまでも 横浜カメラサービスは 機械式カメラ修理専門店です。 
営業日カレンダーはこちら
2010.10.14 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://yokocamesvc.blog135.fc2.com/tb.php/32-59780426