FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カメラ修理は横浜カメラサービス - yokohama-camera-service.com
大切なカメラといつまでも 横浜カメラサービスは 機械式カメラ修理専門店です。 
営業日カレンダーはこちら
--.--.-- / Top↑
前回に引き続きカメラ修理 MIRANDA AUTO SENSOREX EE の修理です。

やっとの事で取り出したミラーボックス。(逆さまにしてます)
このようにモサモサとコードが出ています。
MIRANDA AUTO SENSOREX EE ミラーBOX逆さ

このカメラはミラーの裏に露出計のセンサであるCDSが取り付けられている関係で、ミラーボックスからの線がこのよう多いようです。
MIRANDA AUTO SENSOREX EE ミラー表 MIRANDA AUTO SENSOREX EE ミラー裏
ミラーはセンサーの為の透過パターンが良くわかります。(清掃前なので汚い!)

ミラーボックスの横を見ると針押さえ式オートである事が分かります。(KONICA AUTOREFLEX T3と同じですね)
レンズをセットすると開放絞りをファインダー内に表示する所も同じです。
MIRANDA AUTO SENSOREX EE オート制御部

さて、肝心のロックの原因ですが、この部分
MIRANDA AUTO SENSOREX EE ミラーリターンギア
シャッター後幕のチャージ側の軸ギアに、ミラーリターン用のギアが乗り上げて固まっていました。
ギア位置も狂っていましたす。(写真は修正後)

ミラーリターン用のギアを台座と共に緩めて、正しいギア位置に修正し、噛み合いも台座の位置で調整しました。
これで、巻き上げ関係の不具合は全て解消し、スムーズに巻き上がるようになりました。

それにしても、この部分は柔らかい真鍮のギアと、固くて薄い鉄のギアで組んであるため、真鍮のギアがすり減りやすい構造です。
真鍮ギアがすり減った状態で鉄のギアが少しでも傾くと(薄いギアなので軸のガタで傾く)ギアの噛み合いがおかしくなって今回のような事態を招きます。
ミラーボックスの下で隙間がなかったからなのでしょうが、ちょっとこれはいけません。

続きは次回とします
スポンサーサイト

カメラ修理は横浜カメラサービス - yokohama-camera-service.com
大切なカメラといつまでも 横浜カメラサービスは 機械式カメラ修理専門店です。 
営業日カレンダーはこちら
2010.10.16 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://yokocamesvc.blog135.fc2.com/tb.php/34-d74e444b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。