FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カメラ修理は横浜カメラサービス - yokohama-camera-service.com
大切なカメラといつまでも 横浜カメラサービスは 機械式カメラ修理専門店です。 
営業日カレンダーはこちら
--.--.-- / Top↑
今日は私のカメラ遍歴第6段としてOLYMPUS OM-4をご紹介します。

私は高校時代にペンタックスSPを中古で購入して使っていましたが、社会人になりある程度収入があるようになると「新品」のカメラが欲しくなりました。
当時はコンパクトカメラは既にオートフォーカスが当たり前になっている時代でしたが、やはり買うなら一眼レフと言う事で、OM-4を選びました。

OLYMPUS OM-4 カタログ表紙OLYMPUS OM-4 カタログBODY

しかし、この頃の私はへたれカメラマンであったため、レンズは35-105mmF3.4-4.5のズーム一本という体たらくぶりで、今考えるとZuiko40mmF2なんかも現役で入手できた時代にもったいない事をしたと反省する事しきりです。
OLYMPUS 35-105

OM-4は複数点をスポット測光して、その平均値を計算してくれるマルチスポット測光が売りでした。その他にも、スポット測光したポイントをシャドーにしたり、ハイライトにしたりするボタンも付いていました。露出は俺が決めるんだって人には中々良い機能だったと思います。  でも、ペンタックスのMEスーパーと同じで、ファインダーを覗きながら上カバー上のボタンを手探りで押すのはお世辞にも使いやすいとは言えません。
あと、純正ストロボ装着時に電池の減りが早いのが玉に瑕でした。

OM-4発売当時その対極にあるようなカメラをニコンが発売しました。
Nikon FAです。
このカメラはマルチパターン測光であらゆる場面で最適露出を算出するのが売りでした。
迷ったあげくにOM-4にしたと、確かそうだったと記憶が・・・薄れかけてますが。
Nikon FAは相当後になって中古で手に入れて、今も現役なのですがそれは第8段でご紹介します。

私は買ったカメラは手放さないほうなのですが、唯一このカメラだけは手元にありません。
第7段で紹介するカメラを購入するために、カメラのきむらの委託販売で売り飛ばしてしまったからです。
使用頻度が極端に低かったので良い値段がついたと記憶しています。

OM-4は電子カメラであるが故、完動機はこれからますます少なくなっていくと思います。

OLYMPUS OM-4電子回路
寂しい限りですが、電子部品がなければ修理できないのは電子カメラの宿命です。
苦労して買った人にとっては給与何ヶ月分という価値は変わらないと思うのですが。

OLYMPUS OM-4
発売:1983年
型式:TTL自動露出式35mm一眼レフカメラ
マウント:オリンパスOMマウント
シャッター:電磁制御式横走り布幕フォーカルプレーンシャッター
シャッタースピード:B,1~1/2000秒
価格:109,000円(ボディ)

ZUIKO Zoom 35~105mm F3.5~4.5
構成:12群16枚
最小絞り:F22
最短撮影距離:31cm(クローズフォーカス時)
フィルター径:55mm

次回はCONTAX STをご紹介します。
スポンサーサイト

カメラ修理は横浜カメラサービス - yokohama-camera-service.com
大切なカメラといつまでも 横浜カメラサービスは 機械式カメラ修理専門店です。 
営業日カレンダーはこちら
2010.10.19 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://yokocamesvc.blog135.fc2.com/tb.php/37-1b4f0003

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。