上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カメラ修理は横浜カメラサービス - yokohama-camera-service.com
大切なカメラといつまでも 横浜カメラサービスは 機械式カメラ修理専門店です。 
営業日カレンダーはこちら
--.--.-- / Top↑
今回は前回のペンタックスSPの修理の続きです。

まずは裏蓋を開けない事には修理ができませんので、貼り革をはがして裏蓋のドアロック部を外し密室の解放に成功。 中には巻き戻し軸が落下していました。

中を見るとモルトはご覧の通り、原型を留めていませんのですべて張り替えます。
PENTAX SP NG MOLT
まずはモルトを剥がし、外観清掃をして、フィルム室のモルトは張り替えてしまいます。

裏蓋が開きましたのでシャッター動作を検証します。
全速切れてますが、全体的にオーバー気味なようです。
鳴きもあるのですが、なんとなく切れが悪い音に感じます。

露出計はどうでしょう
古い電池が入れっぱなしでしたが、幸いにも電池室は奇麗でした。
試験用電源で通電してみましたが、針が一端動くとそのまま固まってしまいます。

整備のために分解開始です。

シャッター周りに給油するため、ファインダー周りを取り外し、前板を下ろして、ミラーボックスを抜きます。
シャッター動作を見てみると、後幕がよろしくないようで、切った後もスリットが開いたままです。
PENTAX SP(BL) SHUTTER 1

切れが悪い音に感じたのはこのためです、ミラーを外してシャッターだけ動作させると音の差は歴然です。
全体的にオーバー気味なのも同じ原因でしょう。

各部給油すると、このように最後まで後幕が走るようになりました。
PENTAX SP(BL) SHUTTER 2
シャッター音も歯切れの良い音になりました。

ミラーボックスはミラー受け部分のモルトを新しくして、各部給油のしてボディに戻します。
PENTAX SP(BL)作業中

つづきは次回とします。
スポンサーサイト

カメラ修理は横浜カメラサービス - yokohama-camera-service.com
大切なカメラといつまでも 横浜カメラサービスは 機械式カメラ修理専門店です。 
営業日カレンダーはこちら
2010.10.30 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://yokocamesvc.blog135.fc2.com/tb.php/42-4db80b94

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。