FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カメラ修理は横浜カメラサービス - yokohama-camera-service.com
大切なカメラといつまでも 横浜カメラサービスは 機械式カメラ修理専門店です。 
営業日カレンダーはこちら
--.--.-- / Top↑
今回はペンタックス SPの修理の最終回です。

ファインダー周りを分解して清掃しますが、その前に一体で外した露出計の不具合を調査します。
PENTAX SP(BL) 露出計・プリズム

断線なし、CDS等も異常なし、しかし露出計の針を動かすとそのままとどまってしまいます。
でも電圧をかけるとメーターは動きますので、何かを引きずっているようです。
これはメーター交換か?とも思いましたが、気を取り直してメーターの中を観察、周囲のドラムに可動コイルが当たっている事を発見。
PENTAX SP(BL) 露出計内部

なんと、メータの軸が軸受けから外れてました。(こんな事ってあるんですね)
軸受けにはめ直したところスムーな動きを取り戻し露出計は復活です。

ファインダーは接眼レンズ、プリズム、コンデンサレンズ、フレネル全てを清掃。
SPの持病のプリズム腐食は多少ありましたが、ほとんど気にならないレベルでしたので、これ以上腐食が進まないように手当をしておきました。

元通りに組み上げてシャッター調整、今回はほとんど無調整ですみました。
シャッター幕のテンションを過去にいじられていないのが幸いしたのでしょう。
本来はメーカーが調整して出荷した部分にはノータッチで性能を取り戻すべきなのです。

露出計ですが、SPの露出計回路は電圧の変化にあまり影響を受けない構成ですので、CDSやメータの感度低下分を微調整するのみです。
各部動作チェックをしてボディは整備完了です。


次に付属の標準レンズSMC Takumar 55mm 1.8 です。
とても良く写るレンズで、マウントアダプターでデジカメに付ける方も多いと聞いています。

このレンズは5群6枚構成で、清掃できる面が10面あるのですが、そのうち8面にカビが住んでました。
SMC TAKUMAR 55mm1.8 BEFORE (1) SMC TAKUMAR 55mm1.8 BEFORE (3)

幸いにもすべて奇麗に取り除く事ができました。
SMC TAKUMAR 55mm F1.8 1 SMC TAKUMAR 55mm F1.8 2
スカスカになっていたヘリコイドも、グリスアップして適度な重さに調整済です。
この当時のペンタックスのレンズは整備性がよく、コーティングもある程度強度がありますので、整備で復活できる可能性は高いのです。

清掃したレンズとファインダーで視界がすっきり露出計も復活し、今までが嘘のようです。
PENTAX SP(BL) AFTER

ペンタックス特有のゴリッとした巻き上げ感覚は好みが分かれるでしょうが、たくさん売れた機種だけに整備性もよく、きちんとメンテナンスすればいつまでも使える良いカメラだと思います。
SPの設計思想は後に発売されたKシリーズにも引き継がれ、1997年のK1000の製造打ち切りまでの実に33年間も生きていた事になります。球数が出回っていると大衆機としてみられてしまいますが、銘機である事に違いありません。

このカメラまだまだ使えますよ。


ASAHI PENTAX SP
発売:1964年7月(後期型発売年は不明)
種類:35mmフォーカルプレーン・シャッター 一眼レフカメラ
メーカー:旭光学工業
マウント:M42スクリューマウント
ファインダー:ペンタプリズム・固定式ファインダー
シャッタースピード:B,1~1/1000秒
露出計:CDS TTL絞り込み測光(平均測光)
販売価格:55mm1.8付き 42,000円 50mm1.4付き 51,000円

Super-Multi-Corted Takumar 55mm F1:1.8
発売:1971年
構成:5群6枚
最小絞り:16
最短撮影距離:45cm
フィルター径:49mm
価格:不明
このレンズの後期型は、飾り環の表記がSMC Takumarになり、ピントリングもゴム環がついたものになります。
スポンサーサイト

カメラ修理は横浜カメラサービス - yokohama-camera-service.com
大切なカメラといつまでも 横浜カメラサービスは 機械式カメラ修理専門店です。 
営業日カレンダーはこちら
2010.11.02 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://yokocamesvc.blog135.fc2.com/tb.php/43-d6b677f3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。