上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カメラ修理は横浜カメラサービス - yokohama-camera-service.com
大切なカメラといつまでも 横浜カメラサービスは 機械式カメラ修理専門店です。 
営業日カレンダーはこちら
--.--.-- / Top↑
今日は私のカメラ遍歴第7弾として(京セラ)CONTAX STをご紹介します。

第6弾でご紹介したOLIMPUS OM-4は就職してすぐに買ったカメラなのですが、生活が変わると趣味も変わるもので、スキーにテニスに、あんな事もこんな事も、あんな人もこんな人もと夢中になってカメラとは無縁の状態がしばらく続いていました。
そんな生活がしばらく続いた後、カメラに興味を持ち始めた友人がいまして、その友人がCONTAXを買った事に触発されて、それまでほとんど使っていなかったOM-4とズームレンズを売って購入したのがこのCONTAX STです。
保証書によると1993年3月20日に横浜のカメラのきむらで購入したみたいです。
CONTAX ST 1
おお、液晶の青い保護フィルムが貼ったままですね。
CONTAX STは同社の167MTの後継機種で、RTS IIIの下位機種にあたります。

CONTAXの一眼レフのなかではマイナーな機種で殆ど見かける事がないのですが、RXよりスマートで、RTSよりすっきりしたデザインは今でも気に入っています。

内容はマニュアル、マルチモードオート、自動巻き上げ、自動巻き戻し等々ピントとシャッターボタン以外はカメラ任せの思い切り電子カメラです。
面白みがないといえばそうなのですが、バブル全盛期以降ははこんなのがもてはやされている訳です。

STはシャッターは縦走りメタルフォーカルプレーンシャッターB,1~1/6000秒、駆動は下カバー内の単4電池4本で行います。
後でNikon FAを入手して思ったのは、1/6000秒まで使えるのと、モーター内蔵以外は殆ど同じじゃんと。
コレクション的にはS2にしておけば良かったかな?

コマ間写し込みが可能なデータバック。
CONTAX ST DATA BACK

やはりコンタックスはカメラよりはツアイスレンズの写りなのでしょう。
Planar 50mm 1.4 MM
一緒に購入したプラナー50mm 1.4の写りは秀逸です。(宝の持ち腐れだろうとの指摘は禁止)

でもこのカメラも相変わらずろくな写真撮ってないです・・・トホホ

STのような電子カメラは機械式カメラよりも正直申しますと寿命が短いです。(私も電子式の修理はお断りしてます)
今は元気ですが私が愛用してきたフィルムカメラのうち、これだけは私より先に昇天してしまうでしょう。
液晶も10年経てば薄くなってきますし。(使わずに最適状態で保存すれば別でしょうが、カメラは使ってなんぼのものですから)どんなに器用な職人でもLSIのような電子部品は作れませんから。
また、当時流行っていたゴムラバーの貼り革は、今になると縮んでみすぼらしくなったり、ベタベタしているものが多く、中身より先に外身が逝くなよと思う事があります。
幸い私のは殆ど使っていないので無事なようです・・・・・

レンズを生かすために、今のうちに同じマウントのヤシカのマニュアル一眼レフを確保しておこうかなと思う今日この頃です。(でもまた殆ど使わないだろうなぁ・・・)


(京セラ)CONTAX ST
発売:1992年
型式:35mmフォーカルプレン式AE一眼レフカメラ
マウント:コンタックス/ヤシカMMマウント
シャッター型式:縦走行メタルフォーカルプレンシャッター
シャッタースピード:
オート   Av,Pモード16秒~1/6000秒
      Tvモード1秒~1/4000秒
      マニュアル B,X(1/200秒),1~1/4000秒
露出制御:絞り優先オート、シャッター優先オート、
     プログラムオート、マニュアル露出、
     TTLオートストロボ、 マニュアルストロボ
測光方式:TTL中央重点平均(EV0~20)、スポット測光(EV4~20)切り替え式
ファインダー:視野率95%,0.8倍、スクリーン交換可
価格:200,000円

レンズ
Carl Zeiss Planar T* 50mm F1.4 MM
構成:6群7枚
最小絞り:F16
最短撮影距離:45cm
価格:・・失念m(__)m

後日談:
久々に電池を入れてみたら、シャッターを切るとチュイーンと鳴るばかりです。
スイッチを切って入れ直すとミラーが落ちる音がします。
電池を外して、レンズを外したところ・・・・・

あぁ・・CONTAXの持病
CONTAX STミラー落ち
「ミラーの滑り落ち」です。

普通の他社の一眼レフですと、ミラーは金具で固定するか、貼り付けでも枠の中に張り付けているので、自然にミラーが滑り落ちる事はまずありません。ところがCONTAXは枠なしでぺたっと貼ってありますので、経年により粘着素材の粘度が落ちると、ミラーが徐々に落ちて来ます。そしてシャッターを切るとレンズに引っかかってチュイーンです。
20万もするカメラの主幹部品をシールで貼るなよ!
やっぱりヤシカのボディが欲しくなってきました。
スポンサーサイト

カメラ修理は横浜カメラサービス - yokohama-camera-service.com
大切なカメラといつまでも 横浜カメラサービスは 機械式カメラ修理専門店です。 
営業日カレンダーはこちら
2010.11.03 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://yokocamesvc.blog135.fc2.com/tb.php/44-343f979a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。