FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カメラ修理は横浜カメラサービス - yokohama-camera-service.com
大切なカメラといつまでも 横浜カメラサービスは 機械式カメラ修理専門店です。 
営業日カレンダーはこちら
--.--.-- / Top↑
前回に引き続きミノルタSR-METER-2の修理です。

今回は蓋を開けて修理を行います。

蓋を開けて、メータに直接電圧をかけるとメーターは振れます。
minolta SR-METER-2 METER 1

恐らく電源ラインの断線です。
たぶんCDSは生きているでしょう。

この露出計は電池室が底部にあるため、電源ラインにアクセスするにはスイッチ、CDS、メーターを全て外す必要が有ります。
minolta SR-METER-1 METER 2
メーター位置などを記録しながら全てを取り外しました。
ここで筐体内と、計測窓を清掃しました。

電源ラインは電池室のマイナス端子裏で断線していました。
minolta SR-METER-2 錆端子

恐らくこの線は中まで腐食していると思いますので、交換が必要です。
minolta SR-METER-2 腐食コード

裸の状態で動作を見てみたところ、予想通りCDSは生きていました。
せっかくばらしたのですから、スイッチの端子は綺麗に清掃し、接点グリスで保護します。
メーター針の塗料ははげ落ちていましたので、新たに赤くペイントしました。

メータの針に注意し元通りに組み上げて調整して完了です。

SR-1に装着してみると・・・・
minolta SR-METER-2 + SR1-1
レーザー照準機のような何と言うか。

minolta SR-METER-2 + SR1 TOP VIEW
ん~ これは好みが分かれそうです。

私はペンタックスメーターの方がいいなぁ。
スポンサーサイト

カメラ修理は横浜カメラサービス - yokohama-camera-service.com
大切なカメラといつまでも 横浜カメラサービスは 機械式カメラ修理専門店です。 
営業日カレンダーはこちら
2010.11.06 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://yokocamesvc.blog135.fc2.com/tb.php/47-9ecec9e4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。