上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カメラ修理は横浜カメラサービス - yokohama-camera-service.com
大切なカメラといつまでも 横浜カメラサービスは 機械式カメラ修理専門店です。 
営業日カレンダーはこちら
--.--.-- / Top↑
各地で紅葉の便りを聞くこの時期、横浜三渓園の木々も紅葉し見るものの目を楽しませてくれます。

今年は夏から冬への超特急でしたので、紅葉時期が予測しにくいですね。
これは昨年の紅葉です。
三渓園2009紅葉1
ホワイトバランスを間違って色を補正してあります。

三渓園2009紅葉2

三渓園2009紅葉3

毎年11月中旬から12月初頭までが見頃のようです。

三渓園は紅葉に限らず一年を通して木々や花を楽しむ事ができます。

園内には食事処が3カ所あるのですが、その一つの待春軒では三渓蕎麦を出しています。
このおそば(細いうどん)、汁がありません。

説明文を引用しますと

三渓そばの由来
三渓園の創設者である原三渓は世界各国の料理を食べ歩き自らも料理を考案してお客様に饗しました。
翁の自信作「三渓そば」を一人でも多くのお客様にお召し上がりいただき後世に残していきたいと思います。
三渓そばの特徴
三渓そばに「おつゆ」は入っておりません。「そば」と申しましても日本そばではなく特別に打った細い「うどん」を少量の油で炒めた上に筍・椎茸・豚挽肉・ハムで彩を添えます。
具を少しずつ絡めながらお召し上がりください。
湯飲みに入っておりますのは昆布茶です。麺にかけないようにお願いいたします。

修理人からの注意
喉が渇いて口がバクバクの時に食べると、喉に詰まります。
ペース配分を間違えると麺だけ残って悲しい思いをします。

三渓園へのアクセスはバスか車で行くのでですが、車の場合は午後は駐車場渋滞でなかなか入れませんので午前中が狙い目です。
正面駐車場が満杯の時は裏の本牧市民公園の駐車場に停めても、裏口から入れますので、そちらもご利用になると良いと思います。

また、ゴミを持ち帰れば、お弁当を持参して園内で食べる事も出来ます。
私の場合はおにぎり持参で朝から写真を撮り、園内で腹ごしらえをして、午後に人が増えてきたら退散するパターンです。

遠くまで出かけなくても、結構近場でも紅葉が楽しめるスポットがあるものです。
皆さんもこの週末、フィルムカメラを持って紅葉狩りに出かけてはいかがでしょうか。


横浜三渓園(三渓園HPより引用)
三溪園は生糸貿易により財を成した実業家 原 三溪によって、1906年(明治39)5月1日に公開されました。
175,000m2に及ぶ園内には京都や鎌倉などから移築された歴史的に価値の高い建造物が巧みに配置されています。
(現在、重要文化財10棟・横浜市指定有形文化財3棟)
スポンサーサイト

カメラ修理は横浜カメラサービス - yokohama-camera-service.com
大切なカメラといつまでも 横浜カメラサービスは 機械式カメラ修理専門店です。 
営業日カレンダーはこちら
2010.11.13 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://yokocamesvc.blog135.fc2.com/tb.php/48-ff33345e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。