上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カメラ修理は横浜カメラサービス - yokohama-camera-service.com
大切なカメラといつまでも 横浜カメラサービスは 機械式カメラ修理専門店です。 
営業日カレンダーはこちら
--.--.-- / Top↑
今回は私のカメラ遍歴第9段としてNikon FAをご紹介します。

ずいぶん古いカメラが今頃登場したなとお思いでしょうが、私のカメラの中では比較的入手が最近に近い物です。
一応現在のフィルムでの勝負カメラ?=メイン機材との位置づけにしてます。
MiyaImg110517_NikonFA_01.jpg
本当はシルバーが欲しかったのですが、私のは黒です。

Nikon FAはOLYMPUS OM-4とほぼ時を同じくして生まれたカメラで、その二つのカメラの特徴は両極端でした。
撮影者の意のままの露出を実現するOM-4、撮影者が見た通りの映像を記録するFA、その辺の事はたしかOM-4編で書いたような気がしますので省略します。
以前OM-4を持っていたのでやはりライバル機であったFAが気になり、オークションで購入してしまいました。

FAはマルチモードオート機ですが、最大の特徴はなんと言っても一画面を多分割測光して最適な露出を瞬時に決定する多分割プログラムオートでしょう。
MiyaImg110517_NikonFA_02.jpg
今やタ分割測光のプログラムオートは当たり前の技術になってしまいましたが、始まりはこのカメラです。
電池がなくてもメカニカルで1/250秒のシャッターが切れるのは強力です。

もちろん従来(従来っていつの事だ?)通りの中央重点測光も出来ます。
MiyaImg110517_NikonFA_04.jpg
つまみをひとひねりで切り替わります。(写真は中央重点測光にしたところ)

修理人がその多分割プログラムオートの恩恵を受けた事があるかと尋ねられると???なのですが。
「FGのプログラムオートで撮った写真とあまり変わらないなー」なんて言ったらFA愛用者にグウで殴られそうですね。
恐らく逆光とか厳しい条件で撮影した際に真価を発揮しているのでしょう。
どうも古いカメラばかり使っていると、条件が厳しく良く写らなそうな場面ではシャッターを押さない習慣が出来ているようで、FAの真価が今ひとつ発揮出来ないでいます。
カメラのオートってオートである事を使用者に意識させないで、さりげなく良く写ることも大事だと思いますが、私の頭はクラシック&マニュアルなのかも。

このカメラは入手時に無限遠位置が狂っていましたので、大手の修理業者さんで治してもらいました。
MiyaImg110517_NikonFA_06.jpg
その後もミラーのバネが弱く、逆さにするとまた無限位置が狂うので再修理をお願した覚えがあります。
今なら自分でやりますが。

最近お客様のFAを整備する機会があり、私のFAもだいぶ液晶が薄くなってきた事に気づきました。

なかなか良くできたカメラですが、上カバーがプラスチックである事が残念で、使い込むにつれてかテカテカになり、安っぽさを醸し出す原因になっています。
MiyaImg110517_NikonFA_07.jpg

鼻の脂が気になるデータバック裏蓋
MiyaImg110517_NikonFA_05.jpg
・・・今となっては普通の裏蓋が欲しいところ。

FAは確かキンキラのゴールドモデルも何かの記念で発売になったと記憶しています。貼り革も別あしらえだったかな?

勝負カメラではありますがちょっと重いので、実際は前回にご紹介したFGの方が出動頻度は高いかも知れません。
MiyaImg110517_NikonFA_08.jpg

Nikon FA
発売:1983年9月
型式:フォーカルプレーンシャッター式自動露出一眼レフカメラ
シャッター:縦走りメタルフォーカルプレーン
シャッタースピード:B,1~1/4000秒(B, 1/250秒は機械式)
レンズマウント:ニコンFマウント
露出計:TTL多分割測光/中央部重点測光
露出モード:マニュアル、絞り優先オート、シャッタースピード優先オート、プログラムオート(瞬間絞り込み測光)
発売時価格:115,000円
スポンサーサイト

カメラ修理は横浜カメラサービス - yokohama-camera-service.com
大切なカメラといつまでも 横浜カメラサービスは 機械式カメラ修理専門店です。 
営業日カレンダーはこちら
2011.05.17 / Top↑
Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。