上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カメラ修理は横浜カメラサービス - yokohama-camera-service.com
大切なカメラといつまでも 横浜カメラサービスは 機械式カメラ修理専門店です。 
営業日カレンダーはこちら
--.--.-- / Top↑
前回に引き続きCanon FXの修理です。

続いて動かない露出計を見てみます。
miyaIMG110204_FX_13.jpg
電池を入れなくてもこの有様を見れば何が起きているかわかります。
この腐食はカメラボディの下部まで達していました。

電池裏から露出計までの部品を一旦外して、ボディを含め金属部分の錆を落とします。
miyaIMG110204_FX_14.jpg

どこかの古墳からの出土品ではありません。
miyaIMG110204_FX_15.jpg

電池室の端子もいったん外して、雄雌ネジのネジ山の錆を落とします。
miyaIMG110204_FX_16.jpg

電池から露出計スイッチまでの線は交換して、組上げると露出計復活です。
感度は最近のアルカリ電池で適正値を示すように調整。

レンズは前玉のカビがひどかったですが、何とか落とす事が出来ました。
後玉の曇りも清掃で綺麗になりました。

FX復活しました。
MiyaIMG110205_FX_16.jpg
(完成写真を撮り忘れました。写真は当店の見本機です)

このカメラまだまだ使えますよ。

カメラの調子が悪いときは分解せずに修理屋さんにお任せください。
私も通常は分解品と水没品の修理はお断りしています。

Canon FX
発売:    1964年4月
型式:    35mmフォーカルプレーンシャッター式一眼レフレックスカメラ
マウント:  Canon FLマウント(外3爪バヨネット式)
シャッター: 布幕横走行フォーカルプレーンシャッター
シャッタースピード:1/1000~1秒、B、X
ファインダー:ペンタ固定アイレベル式、倍率=0.9倍(FL50mm)
内蔵露出計: CdS素子による高低2段切り替え絞り値読み取り式
測光連動範囲:EV1~10、EV9~18(ISO 100)
フィルム感度設定:ISO 10~800
電池:    1.3VHD型水銀電池使用
大きさと質量:141.5×91×86mm、900g (FL50mm F1.8付き)
価格:    59,800円(50mm 1.2付き) / 44,800円(50mm F1.8付き)
スポンサーサイト

カメラ修理は横浜カメラサービス - yokohama-camera-service.com
大切なカメラといつまでも 横浜カメラサービスは 機械式カメラ修理専門店です。 
営業日カレンダーはこちら
2011.02.06 / Top↑
Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。