上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カメラ修理は横浜カメラサービス - yokohama-camera-service.com
大切なカメラといつまでも 横浜カメラサービスは 機械式カメラ修理専門店です。 
営業日カレンダーはこちら
--.--.-- / Top↑
キャノンのプロ仕様機F1です。

miyaIMG110302_F1_01.jpg
1971年プロ用機材でニコンに遅れをとっていたキャノンは満を持してF1を発売しました。
キャノンミュージアムには「5ヵ年の歳月、数十台分の開発費に匹敵する膨大な投資と労力、キヤノンの技術の総力を結集して誕生した最高級の35mmシステム一眼レフカメラである。」と唱われています。

広告は
「眠れる獅子」と言われた日本のキャノンがこの一台のカメラに5年の歳月をかけていました。

お預かりした機体は、シャッターロック機構の固着、スローシャッターの粘りが見られます。
テスターで見てみると、高速シャッターも幕切れしています。
また、レンズの絞りを伝える金具の動きが悪いようです。

早速分解しますが、どうもこのカメラ雨に打たれた事があるようで、上カバー周りの部品に錆が多いようです。
とりあえず、右上カバーを外さない事にはスローの整備もできません。
しかし、シャッターロックレバーが回らないとネジが一本外せません。
miyaIMG110302_F1_02.jpg

仕方なく浸透性潤滑剤を付けて暫くおくことに。・・・・

ファインダーの整備を行います。
miyaIMG110302_F1_03.jpg

今回は接眼レンズの裏側のカビ、汚れを取り除きます。
プリズムを押さえと、上部のクッション材はコルク板に代えました。
miyaIMG110302_F1_04.jpg miyaIMG110302_F1_05.jpg

下回りの汚れも清掃します。
miyaIMG110302_F1_06.jpg

続きは次回とします。
スポンサーサイト

カメラ修理は横浜カメラサービス - yokohama-camera-service.com
大切なカメラといつまでも 横浜カメラサービスは 機械式カメラ修理専門店です。 
営業日カレンダーはこちら
2011.03.05 / Top↑
Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。