FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カメラ修理は横浜カメラサービス - yokohama-camera-service.com
大切なカメラといつまでも 横浜カメラサービスは 機械式カメラ修理専門店です。 
営業日カレンダーはこちら
--.--.-- / Top↑
前回に引き続きCanon F1(旧)の修理です。

miyaIMG110302_F1_09.jpg 
シャッターボタンロックレバーは浸透性潤滑剤を注して一日置いてからパンチ一発して回すと、少しだけ回り、そこを手がかりにやっと分解できました。
右肩内のスローガバナー等シャッター管制部を清掃、整備しました。
写真撮り忘れました。

左肩も分解して、スイッチ類を整備。
miyaIMG110302_F1_07.jpg

絞りと露出指標の連動金具が引っかかるため、ミラーボックスを取り出して整備します。

今回はこのレンズの絞り値を露出計に伝達する部分が動作不良を起こしています。
miyaIMG110302_F1_08.jpg
かなり使い込まれたカメラのようで、部品がすり減って段差ができて引っかかります。
この部分は取り外して、部品を研磨することでスムーズな動きを取り戻しました。

「あーここで、誰かお菓子を食べましたか」そんな感じにゴミがつもっていました。
miyaIMG110302_F1_10.jpg

綺麗に清掃して、各部給油。
組上げて、シャッタースピードのファインダー内表示がずれていますので調整。
シャッタースピードを調整、露出計も基準光で合わせて、最後にファインダースクリーンを清掃して完了です。

miyaIMG110302_F1_12.jpg
使い込まれた機械は美しい。

ペンタプリズムと、左肩の凹みはたたき出しました
miyaIMG110302_F1_11.jpg

このカメラまだまだ使えますよ。

Canon F1(旧)
製造:キャノン
発売:1971年3月
形式:35mmフォーカルプレーンシャッター式一眼レフレックスカメラ
マウント:FDマウント
シャッター:4軸式金属幕横走行フォーカルプレーン
      1/2000~1秒、B, X
ファインダー:ペンタ着脱可能アイレベル式、倍率0.77倍、視野率97%
露出計:CdS素子使用、TTL開放追針合致中央部分測光
    測光連動範囲EV2.5~18(ISO 100:F1.4)
    フィルム感度使用域ISO 25~2000
発売時価格:117,000円(FD55mm F1.2付き)
      100,000円(FD50mm F1.4付き)
      92,800円(FD50mm F1.8付き)
      78,000円(ボディ)

スポンサーサイト

カメラ修理は横浜カメラサービス - yokohama-camera-service.com
大切なカメラといつまでも 横浜カメラサービスは 機械式カメラ修理専門店です。 
営業日カレンダーはこちら
2011.03.06 / Top↑
Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。