FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カメラ修理は横浜カメラサービス - yokohama-camera-service.com
大切なカメラといつまでも 横浜カメラサービスは 機械式カメラ修理専門店です。 
営業日カレンダーはこちら
--.--.-- / Top↑
今回はオリンパスのPEN-Fの整備をご紹介します。

R0013439.jpg
PEN-FはデジカメのPENシリーズが出てから修理件数が目に見えて増加したカメラです。
人気は相変わらずですが、そろそろ良い物は出尽くした感もあり、最近のオークションでは良品に当たる確率がかなり下がっている気がします。
時々これはと思うような最良品と出会うことがありますが、新品で買ったままお持ちになっていた物であったり、親類から譲り受けたなど素性のはっきりしたワンオーナー物であることが多いです。

今回お預かりしたカメラはどうでしょう。
R0013434.jpg
なかなか状態が良い物のようです。

ファインダーを覗くとカビが見えるほか、モルト劣化、シャッター速度狂い等、経年による症状はみられますが、どれも整備で改善する物ばかりです。

内部には一度も手を入れられてないようで、タイムカプセルを開ける気分で整備を開始します。

内外のモルトは寿命を迎えてボロボロです。
R0013463.jpg

今回はスローシャッターが粘っていましたので取り外して整備しました。
機械昆虫のようなスローガバナ。
R0013474.jpg
綺麗に清掃して最低限の注油を行います。


オリンパスのPEN-FとPEN-FTは見た目は似ていますが随所に違いが見られます。
その一つファインダーですが、PEN-FTはファインダー経路上にハーフミラーを置いて透過した光を露出計の光源としている事はよく知られています。
もう一つ、フォーカス時レンズからの光をレフレックスミラーで横に導き、フレネルレンズで拡大して焦点面に結像させるのですが、その面がPEN-Fはプリズムの片面を曇りガラス加工して結像させているのに対し、PEN-FTはその手前のフレネルレンズの裏側を微細加工してその面に結像させています。
DifferenceFandFT_01.jpg
(ロットにより違う物もあります)
コストの問題か、FTの暗いファインダー対策かはわかりません。

今回のPEN-Fのファインダー内に見えたカビは、プリズムの入光面に生えていました。

整備後、綺麗なカメラを更に綺麗にして完了です。
_DSC1519.jpg

このカメラまだまだ使えますよ。


OLYMPUS PEN-F

製造:オリンパス(1963年5月)
形式:35mmハーフサイズ一眼レフカメラ
シャッター:チタン幕ロータリーシャッター
シャッタースピード:B,1~1/500秒
レンズマウント:オリンパス PEN Fマウント
露出計:専用外付け露出計あり
発売時価格:24.800円(F1.8付)

カメラ修理は横浜カメラサービス - yokohama-camera-service.com
大切なカメラといつまでも 横浜カメラサービスは 機械式カメラ修理専門店です。 
営業日カレンダーはこちら
2012.09.07 / Top↑
私は前職がソフトウェア開発に関わる仕事だったので、道具としてWindowsパソコンを長いこと使っていましたが、今は工房も自宅もMacを使っています。

前々回のMac OSの更新(Leopard→Snow Leopard)は、機能はそのままにOS自体のスリム化とコードチューニングを中心としたもので、機材を長く使いたいユーザーにはとてもありがたいものでした。
OSの更新のたびに多機能化超重量化して最新のハードウェアを要求する某OSとだいぶ方向性が違うなと感じました。
R0017530.jpg

MacのOSはLinuxをベースとして・・・といった面倒な話はさておき、

そんなわけで、今まで我が家も工房のMacも安定して働いてくれまして、訳のわからないエラーで全体が止まってしまったり、青い画面が出て死んでしまうことは皆無でした。

ところが先日そのMac OSを最新の物(Moutain Lion)にしたあと、最新のiPhoto(写真整理(加工?)ソフト)を使うとフリーズしてしまう事が何回かありました。そのほか全般的に何となく動作が重くなってしまいました。

工房のMacは2009年前期のiMac20インチディスプレイの物で、メモリが2GBしか実装されていないので、恐らくメモリが足りないのかな〜と勝手に診断。 そのままでも動作保証範囲内のスペックなので、これをフリーズの理由にしてはいけないのですが、もう業界人でもないので、細かいことは考えずにメモリを一気に8GBのものと交換してみました。

4GB×2枚組=8GBがAmazonで4000円くらいです。昔の2枚組レコードより安い!
R0017533.jpg
Apple用じゃないけど規格が合っているので気にせず装着します。

まずは電源やケーブル類を外してiMacを画面を下にして伏せた状態に。
R0017535.jpg
おお、足の裏にメモリの交換の仕方が印刷されています。

蓋を取るとメモリが見えます。
空気穴から入った埃がボチボチと積もってますね。
R0017537.jpg
真ん中の黒いベロを引っ張るとメモリは抜けます。

取り外したメモリ
R0017538.jpg
今Appleと喧嘩中の隣国のメーカーのものでした。
このiMacはメモリが2枚しか入りませんので、今までの物はお蔵入りさせるしかありません。

こちらは差し替えるメモリ。
R0017540.jpg

しっかり挿し込んで、黒いベロを織り込んで蓋をすれば完了!
R0017541.jpg

どれどれ
ScreenShotMem8GB.jpg
ちゃんと8GBになってますね。

動作は・・・凄く快適です。

iPhotoも飛ばなくなりました、でもクリックを連打すると一時的にフリーズしたように見えることがあるので、ソフトに問題があるのかもしれません。・・・そのうち改善されるでしょう。
全般的にもたつく感じがなくなり、色々な場面での待ち時間が少なくなりました。

家のiMacも同年式の24インチディスプレイのメモリ4GBなので、そちらも来月あたりメモリを交換しようかとすっかり気を良くしているのでした。

ジョブスが亡くなって今後のMac OSの行方はどうなるのか、いらない機能がたくさん付いた超重量級OSになってしまうのか。今回の更新がその予兆だとしたら・・・そうならないことを願います。
使い方はユーザーの自由、OSはユーザーが選んだアプリを快適に動かすプラットフォームであるべきです。
次回は現OSのチューンナップ版が出てくれると良いな。

今回はカメラとは全く関係ないお話しでした。

次回はOLYMPUS PEN-Fの整備を予定しています。

カメラ修理は横浜カメラサービス - yokohama-camera-service.com
大切なカメラといつまでも 横浜カメラサービスは 機械式カメラ修理専門店です。 
営業日カレンダーはこちら
2012.08.29 / Top↑
今回はオリンパスのOLYMPUS PEN-EES2の修理をご紹介します。

前回のPEN-D3と同時の修理を承りましたが、セレン光電池の不具合でこちらはちょっと遅れての納品となりました。
R0013372.jpg

1962年に発売されたPEN-EESは機構上はPEN-EEと同じですが、PEN-EEが固定焦点なのに対して前玉にヘリコイドを付けて目測で焦点調整を出来るようにしたものです。
R0013373.jpg
今回ご紹介するPEN-EES2はPEN-EESの後継として1968年に発売された物で、裏蓋が取り外し式からドア開閉式に変更、自動式フィルムカウンタ搭載、高感度フィルムへの対応、上蓋にホットシューの増設など使い勝手の向上が図られています。

早速分解しますが・・・いきなり緩みきったネジ発見。
R0013391.jpg

EEやEESはこのようにレンズとシャッターユニットが取り出せます。
R0013395.jpg
更に分解していきます。

これがシャッターユニット。
R0013402.jpg
真鍮の丸い部品は低速シャッタータイミング生成用の弾み車です。
このあたりも給油するのですが、やり過ぎるとシャッター羽根直結の構造上油が回ってシャッターが動かなくなります。
シャッターは2枚羽根です。ここまで分解したらシャッター羽根もしっかり清掃します。

絞りユニットです。
R0013403.jpg
EE機構と連動します。
フラッシュモード時は絞り環で設定しただけ絞りを開けます

今回はこのセレン光電池がからの出力が全くありません。
R0013392.jpg
配線の根元での断線が多いのですが、今回は光電池がNGでしたので良品と交換しました。

ファインダーも綺麗に清掃して修理&整備完了です。
R0013371.jpg
完成写真を取り忘れましたので、はじめに撮影した写真です。

このカメラまだまだ使えますよ。

OLYMPUS PEN-EES2

発売:1968年
型式:35mmハーフサイズ自動露出カメラ
シャッター:レンズシャッター 1/30, 1/250 (後期型は1/40,1/200)
露出制御:セレン光電池、針押さえ式プログラムオート
     低速固定、絞りマニュアル(フラッシュモード)
レンズ:30mm F2.8
発売時価格:12,800円

カメラ修理は横浜カメラサービス - yokohama-camera-service.com
大切なカメラといつまでも 横浜カメラサービスは 機械式カメラ修理専門店です。 
営業日カレンダーはこちら
2012.08.25 / Top↑
今回はオリンパスのPEN-D3です、過去にも登場しました。

PENファンに人気のD3
R0013374.jpg
巻き上げができない=使用不可との事で、各部の整備を含めてお預かりしました。
露出計は動いているようです。

サクッと分解してしまいます。
R0013415.jpg

分解中に判明しましたが、巻き上げの不具合はグリスの固化により巻上げロック金具が戻らなくなっている事が原因でした。

シャッターと絞りに羽根油が認められましたので、更に細かく分解して整備します。
R0013425.jpg
カメラの構造上の問題だと思いますが、PEN-D系に使われているシャッターは奥の方まで油が入り込みます。

絞りもついでに分解して、羽根を清掃。
R0013431.jpg

シャッターユニットが組み上がりました。
R0013432.jpg
昭和40年製みたいですね。

露出計は動いていましたが、電池室周りで腐食の形跡が見られたため、電源ラインの配線を交換しました。

整備完了です。
_DSC1509.jpg
なかなかシャープに写ります。

このカメラまだまだ使えますよ。

OLYMPUS PEN-D3

発売:    1965~1969年
型式:    35mmハーフサイズレンズシャッターカメラ
シャッター: B, 1/8~1/500秒
レンズ:   F.Zuiko 32mm F1.7(ゾーンフォーカス)
露出計:   CdS式、単独LV値直読式
発売時価格: 16,300円

次回は今回のD3と同時にお預かりしたPEN-EES2を予定しています。

カメラ修理は横浜カメラサービス - yokohama-camera-service.com
大切なカメラといつまでも 横浜カメラサービスは 機械式カメラ修理専門店です。 
営業日カレンダーはこちら
2012.08.23 / Top↑
お盆期間も終わり、昨日から仕事に復帰した方も多いのではないでしょうか。
横浜カメラサービスは期間中は時短営業をさせて頂きました。
私自身もいつもは工房までバイクで来ているのを、電車で通勤してみたり、生活のリズムにちょっとした変化を与えてみました。(何日か帰りに呑み会が設定されていた事もありますが)

今回のカメラは旭光学のPENTAX SPFです。

R0013130.jpg
SPFは大ベストセラー機PENTAX SPのTTL露出計を開放測光が可能にしたものです。
その他にも露出計の光スイッチの採用、ホットシューの新設などいくつかの刷新が図られています。

開放測光はSMC TAKUMARレンズを使用することが条件です。
R0013143.jpg
勿論それまでのレンズもSPと同様に絞り込み測光で使用することができます。

さて、お預かりしたカメラをみてみますと、
暫く使用していなかったもののようで、ファインダー汚れ、モルト劣化、シャッター不安定、露出計不動、ファインダープリズムメッキ腐食など、この世代のペンタックスにありがちな症状のオンパレードです。

ファインダープリズムはメッキ面の腐食で真ん中にくっきりと黒い筋が見えているのですが、撮影結果には影響がないという事で今回は交換なしと言う事になりました。

レンズもこの通り、蜘蛛の巣状にカビが広がっています。
R0013136.jpg
このくらいはコーティングが強いSMC TAKUMARレンズだと綺麗に落ちてしまいます。

露出計不動の原因はこれです。
R0013144.jpg
電池室の端子と配線の接続部が腐食で断線しています。

さらに下の写真の赤丸内の黒い線は上記電池室からの配線なのですが、線の腐食はこの基板との接続部分にまで及んでいます。
R0013147.jpg
この配線は交換します。・・・それにしても酷い半田付けだなぁ・・・

>>>>カメラを使わないときは電池を抜いて保管しましょう<<<<

ペンタックスは遮光部分には黒いモルトを使っていますが、ファインダー周りには白いスポンジを使っています。(今は褐色になっています)
R0013158.jpg
白のスポンジは恐らく遮光と言うよりは埃よけとか、クッションとしての役割があったのではないかと推測しています。
この元は白かったスポンジが加水分解して褐色になり、周りの金属や、プリズムのメッキを侵しているわけです。
プリズムの周囲とか、プリズムが乗るフレームと、フォーカシングスクリーンが納まるハウジングの間にもクッション用に使われています。
R0013168.jpg
この世代の一眼レフはモルト掃除と貼り替えが作業の半分くらい占めているような気がします。

各部を整備して復活したPENTAX SPFです。
_DSC1436.jpg
いいカメラです。
キャップをするかケースに入れていないと電池の消費が早いのでその点だけご注意を。

このカメラまだまだ使えますよ。


PENTAX SPF

発売:1973年3月 旭光学工業
型式:フォーカルプレーンシャッター式一眼レフ
シャッター:横走り布幕フォーカルプレーンシャッター
シャッタースピード:B, 1〜1/1000秒
露出計:内蔵 TTL 開放測光(SMC TAKUMARレンズ装着時)
       TTL 絞り込み測光
発売時価格:42,000円(ボディ)
      58,500円(SMC TAKUMAR 50mmF1.8付)
      68,000円(SMC TAKUMAR 50mmF1.4付)

カメラ修理は横浜カメラサービス - yokohama-camera-service.com
大切なカメラといつまでも 横浜カメラサービスは 機械式カメラ修理専門店です。 
営業日カレンダーはこちら
2012.08.21 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。